ストレッチングとは?

「ストレッチングの効果」

1.柔軟性の向上・維持

筋肉や腱の柔軟性(柔らかさ)を高め維持する効果があります。
多くの方が、ストレッチングをする目的・目標です。
ストレッチングを行うことで、筋肉が伸びて関節の可動域(動く範囲)が広がります。

2.筋肉の硬縮の改善

怪我などをすると、筋肉が委縮し硬縮が起こります。
そのリハビリとして、ストレッチングは有効な方法になります。
例えば、肉離れの場合は、肉離れを起こした筋肉。骨折をした場合は、骨折をした骨付近の筋肉。
また、スポーツ選手に多い、足を捻挫した(捻った)場合は「ふくらはぎ」の筋肉のストレッチが有効です。
例えば捻挫は受傷後に足首を固定したり、動かさずに歩いたりするので
「ふくらはぎ(下腿三頭筋)」の筋肉が異常に委縮したり硬くなってしまうことが多い為です。
そういった場合、怪我をした場所へ負担や痛みがかからないようストレッチングを行うと、
怪我をする前の身体の状態に戻すことができるようになります。

例えば、筋肉が萎縮したり硬縮した状態のまま放置されてしまうこともしばしばあります。
小さなことだと思った動きの制限が「腰痛」や「膝の痛み」等、様々な悩みの原因に繋がることがあるのです。
「ついつい嫌いなリハビリをサボってしまう」ということがあると、その代償は自分に降りかかってくる…ということもあります。

ストレッチング(ストレッチ)は
「自分でできる身近な身体のケア」ということを是非知っていただければ嬉しいです。

3.リラクゼーション効果

ストレッチングの大事な要素、リラクゼーション効果です。

筋肉が硬くなる”こわばり”などの原因の1つとして、緊張していることが挙げられます。
分かりやすくイメージすると「緊張すると、ついつい肩に力が入る」といったイメージです。
ストレッチングを行うことで、筋肉の緊張(収縮)がゆっくり伸ばされ”こわばり”を緩めていきます。

また、人間は緊張すると「交感神経」が優位に働きます。また、興奮状態の時もです。
そして、人間はリラックスしている時は「副交感神経」が優位に働きます。
眠る前や、リラックスしている状態は、筋肉にとっては休憩時間。
ストレッチングをすることで、副交感神経を優位に働かせて
より、の~~んびりと、リラックスした時間を過ごすことができます。

「寝つきが悪い」
「いつも身体に力が入っている」
「最近、ストレスで身体がいつも重い」

など、日ごろ感じることがあれば、おやすみ前のほんの10分を使って
ゆっくりストレッチングをして、身体も心もリラックスさせてあげましょう。。。

4.筋疲労の改善

運動後によく起こる「筋肉痛」に困ったことがある方、かなり多いかと思います。
また、「1日歩き回った、遊んだ」って方も、次の日に「身体がだるい」ということも。
ストレッチングには、筋肉の疲労を軽減して筋肉痛やむくみなどを軽減したり、和らげる効果があります。

特に、運動後にすぐストレッチングをすることで疲労感が残りにくくなります。
また、運動をしている時に筋肉は強い収縮を繰り返し、筋肉中には疲労物質が溜まるとされています。
何度も収縮を繰り返した筋肉は、血液の循環が悪くなります。

そこで、ストレッチングにより筋肉を伸長(伸ばす)ことにより、
筋肉をポンプのように伸び縮みができるようにしてあげることにより、
疲労物質を取り除くことや、血液の循環が良くなります。
疲労回復のコツは、運動した直後、疲れたその当日にストレッチングをすることです♪

5.怪我の予防

ストレッチをすれば、怪我をしない!っということではありません。
「怪我をしにくい身体になる」=予防になる。ということです。

特に怪我といっても、骨折や切り傷などの外傷ではなく慢性的な怪我(障害)を指します。
例えば、「腰痛」「肩こり」「捻挫」「肉離れ」「膝の痛み」「腕の痛み」「腱鞘炎」「シンスプリント」など。
他にも、たくさんありますが、要するに「姿勢」や「身体の柔軟性のバランス」などで
こういった身体のトラブルが起こりやすくなります。

怪我を予防するには、まずは自分がどこが硬いのかを知ることが重要です。
しかし、なかなか自分では、どこが硬いのか分からない…という方は
「仕事」「スポーツ」などで、よく使う部分を意識して伸ばしてみて下さい。
もしくは、よく使わない部分を伸ばしてみて下さい。

例えば、OLさんなど仕事で「ヒール」のある靴を履くことが多い方は
比較的「太ももの後ろ」や「ふくらはぎ」が、硬い場合が多いです。
それは、ヒールを履くことで、常に下半身の後面が緊張してしまうことが原因です。
むくみや、腰痛が気になる方は、まずは「太ももの後ろ」と「ふくらはぎ」のストレッチを試してみてくださいね!

6.筋バランスの調整

筋バランスの調整と聞くと、難しく聞こえるかもしれません。
簡単に言うと「身体の柔軟性のバランス」ということを指しています。

人間の身体は、一人一人異なるように、柔軟性も異なります。
「身体がとっても硬い!」という方も、実は柔らかい筋肉もあります。
左足は硬い、だけど右足は柔らかい。
前側は硬い、だけど後ろ側は柔らかい。など。

柔軟性にも、上記のようにバラつきが出てくると、それだけで姿勢も悪くなり
身体の動きも悪くなります。そして、身体のどこかへ負担が増えることになり
結果的には、身体の不調に繋がることも多いのです。

7.身体のセルフメンテナンス

最後は、自分の身体のメンテナンスについてです。

ストレッチが、なぜセルフメンテナンスになるかというと・・・
運動をする時などにはよく、ウォーミングアップといって、運動前に準備運動をしますよね。
その時に、ストレッチは欠かせないものになっていると思いますが
実は、ウォーミングアップとクールダウンでストレッチを行うことで、自分の身体のチェックができます。

ウォーミングアップでストレッチを行って、自分の身体(筋肉)の状態をチェックします。
「あれ?今日は、ここの筋肉がいつもより硬いなぁ」とか「痛いなぁ」などを気を付けてみます。

そして、運動後のクールダウンで、同じようにストレッチを行います。
そうすると、ウォーミングアップでストレッチをしたようにストレッチをすることで
「ウォーミングアップ」の時と「クールダウン」での、自分の身体(筋肉)の状態を比較します。

そうすることで、自分の身体に興味を持ち、意識を高めながら
セルフメンテナンスを日常的に、簡単に行うことが可能です。

ただ、ストレッチを行うのではなく、効果や目的を持って行うこと。
その大切なことを、ストレッチを体験して下さる皆様にお伝えしたいと思っております。

*引用元:ブログ